一体資産

2019年10月に消費税の軽減税率制度が実施されます。 タイトルの「一体資産」は、この制度に関する言葉です。 "おまけ付きのお菓子"や、"紅茶とティーカップがセットになっているギフトセット"の様に、「食品」と「食品以外の何か」が一つになっている品を指します。 軽減税率制度では、食品は税率8%のままです。食品でなければ10%です。 ※食品でも外食は10%が適用される等、いくつかの例外はあります。 では、この一体資産の税率はどうなるのでしょう? 現在の取り扱いでは以下の様になっています。 【①税抜き価格が1万円以下であって、②食品の価額の占める割合が2/3以上の場合、全体が軽減税率の対象となる。】 でも、一体資産の中の食品部分がいくら、食品以外がいくらなんて明確に分かるのでしょうか? この点については以下の様に説明されています。 「事業者が合理的に計算した割合であれば、これによって差し支えありません」 具体的には、 イ)仕入れ原価の割合で判断する。 ロ)仕入れ時の税率をそのまま適用する。 といったことが、この合理的な計算に当たるようです。 例えば、紅茶とティーカップのセットで考えると、 イ)紅茶の仕入価格が3,000円、ティーカップの仕入れ価格が1,000円だった場合、食品部分(紅茶)の原価が占める割合は2/3以上となり、軽減税率が適用されます。つまり8%です。 ロ)これを、卸売事業者から税率8%で仕入れた小売事業者が、そのまま税率8%で店頭に並べる。 となります。 ※但し、これは一体資産自体の価格が1万円以下の場合です。1万円を超えると軽減税率は適用されません。 ~~~~~~~~

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索

© 2017 - by 長崎元行政書士事務所.

  • Facebook Social Icon