© 2017 - by 長崎元行政書士事務所.

  • Facebook Social Icon

October 22, 2019

December 31, 2018

October 9, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

一体資産

September 29, 2018

2019年10月に消費税の軽減税率制度が実施されます。

タイトルの「一体資産」は、この制度に関する言葉です。

 

"おまけ付きのお菓子"や、"紅茶とティーカップがセットになっているギフトセット"の様に、「食品」と「食品以外の何か」が一つになっている品を指します。

 

軽減税率制度では、食品は税率8%のままです。食品でなければ10%です。

※食品でも外食は10%が適用される等、いくつかの例外はあります。

 

では、この一体資産の税率はどうなるのでしょう?

 

現在の取り扱いでは以下の様になっています。

【①税抜き価格が1万円以下であって、②食品の価額の占める割合が2/3以上の場合、全体が軽減税率の対象となる。】

 

でも、一体資産の中の食品部分がいくら、食品以外がいくらなんて明確に分かるのでしょうか?

この点については以下の様に説明されています。

「事業者が合理的に計算した割合であれば、これによって差し支えありません」

 

具体的には、

 イ)仕入れ原価の割合で判断する。

 ロ)仕入れ時の税率をそのまま適用する。

といったことが、この合理的な計算に当たるようです。

 

例えば、紅茶とティーカップのセットで考えると、

イ)紅茶の仕入価格が3,000円、ティーカップの仕入れ価格が1,000円だった場合、食品部分(紅茶)の原価が占める割合は2/3以上となり、軽減税率が適用されます。つまり8%です。

ロ)これを、卸売事業者から税率8%で仕入れた小売事業者が、そのまま税率8%で店頭に並べる。

となります。

※但し、これは一体資産自体の価格が1万円以下の場合です。1万円を超えると軽減税率は適用されません。

 

~~~~~~~~~~~~             ■

 事務所HP: https://www.office-hnagasaki.com/

 

 < 産廃のお問い合わせはこちらまで >

 産業廃棄物収集運搬業許可申請代行窓口

 https://www.office-hnagasaki.com/sanpai

 < 車庫証明のお問い合わせはこちらまで >

 車庫証明・軽車庫届出申請代行窓口

 https://www.office-hnagasaki.com/syako

■             ~~~~~~~~~~~~

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索